歌舞伎(かぶき)

HOME > 日本の伝統芸能 > 歌舞伎(かぶき)

 

概要

 

天正時代の流行語で、奇抜な身なりをすることを「かぶく」といい、そのような装束や髪型の「かぶき者」の扮装で踊った阿国の踊りが歌舞伎の祖といわれています。以後、江戸時代に、そのときどきの流行、芸能を積極的に取り入れながら発展し、舞踊・音楽・セリフ劇などの各要素を備えた「総合芸術」として様式が確立され、現在に受け継がれています。

 

「寿曽我の対面」(平成5年3月 明治座公演) 舞台製作:松竹株式会社 写真提供:明治座 
中村芝翫(大磯の虎)、坂田藤十郎(曽我十郎祐成)、中村富十郎(曽我五郎時致)、片岡我當(小林朝比奈)
 

 

関連キーワード

 

長唄(ながうた)常磐津節(ときわずぶし)清元節(きよもとぶし)義太夫節(ぎだゆうぶし)黒御簾音楽・下座音楽(くろみすおんがく・げざおんがく)

 

 

関連サイト