2019.05.07

コース紹介「箏曲」 ~先生から動画メッセージをいただきました!

 

今年度、お稽古への参加をお考えのみなさんに向けて、各コースをご紹介していくシリーズ。
今回は、「箏曲(そうきょく)」コースです。

みなさん、箏曲というと、何のコト? と思うかもしれませんが、そうです、“おこと”のコトなんです。
おことの音楽を「箏曲」といいます。
楽器を弾きながら歌をうたうのが基本の形です。
一人でも、お友達とでも、いろんな楽しみ方があります。

ジャンル名に「三曲」とあるのは、箏(こと)と三味線、尺八とで合奏して楽しむことが多いから。
キラキラしたお箏の響きは、和のイメージの象徴的存在。
古くから日本のお稽古事として愛されてきました。

お稽古では、まず箏爪をつけた指の痛み、正座の足のしびれとの戦い。
それでも、180cmほどもある木の箱に共鳴するきれいな響き、箏爪や指を使った多彩な音色など、子供たちは様々な魅力に引き込まれていきます。
発表会では、舞台上にお箏をズラリ。それだけでも圧巻です。
みんなで息を合わせた合奏で、客席をうっとりさせてください。
☆先生方から動画メッセージをいただきました!
・山田流
・生田流

写真撮影:武藤奈緒美