2018.10.24

篠笛(渋谷)のお稽古

この日は5回目のお稽古日です。
先週までにひと通り教わった「さくら」を、みんなで吹いてみます。
演奏が終わった瞬間、ひとりの子が「へんな音がでちゃった!」と自己申告。
先生がすかさず「指孔(ゆびあな)を、ひとつひとつ丁寧に押さえてみて」と
アドバイスをしながら、一節吹いてみせてくれました。
「わぁ、きれいなおとー」と、みんなうっとり。
 

ほとんどの子が小学生のクラスなので、まだ、てのひらが小さく、
楽器の指孔を、大人と同じように押さえるにはひと苦労です。
手をいっぱいに広げてみても、どうしても隙間ができてしまうことも。

先生に言われた通り、ひとつずつ慎重に指で押さえて、
ふうっと息を入れてみると……
透き通った音が、ひとつきれいに鳴りました。
お稽古あるのみ!(わ)

撮影:武藤奈緒美