2019.02.07

篠笛の発表会

第三弾は、小金井宮地楽器ホールと杵家会館の2か所で、
それぞれお稽古を重ねた篠笛コースです。

篠笛は、尺八同様に、音を鳴らすまでに時間のかかる楽器です。
はじめの頃は集中力が途切れて、
思わず、畳の上をゴロゴロと転がりだしてしまう子も。
それが、リハーサル・本番を迎えた国立劇場では、
合間の時間を見つけては、みんなでおさらいをするほどに。

ある日のお稽古で、先生が言いました。
「邦楽は身体を揺らしてリズムをとるのではなく、お腹のなかで歌うもの。
姿勢がきれいだと上手に見えるし(笑)、実際に上手になるんです」

舞台上の子供たちをご覧ください。
美しい構えから生まれる温かな響きが心に伝わってくるようです。(わ)

【篠笛の発表会アルバム】
リハーサルと本番の様子より
撮影:武藤奈緒美