2019.08.13

町田市民ホールでの お稽古はじめ+親子体験 <箏曲>

真っ青な夏空が広がった8月3日。
6年ぶりの町田市民ホールで、今年度最初のお稽古が始まりました。

箏曲コースの初日は、親子で体験が恒例。
ご両親に小さなお子様づれのご家族もいて、会場は熱気に包まれました。
 
この日は、総勢7名の先生方が勢ぞろい。いよいよお稽古の始まりです。
弦は何本あるかな? どっちから数え始めようか?
じゃあ7番目の弦をみんなで弾いてみようか。では6番目の弦は?
クイズのように次々と弦の順番と音探し。

お父さん、お母さんも一緒に並んで座ってください。
では、歌ってみましょう。
「エェーッ」
でも、お教室に入れば、先生の言葉は絶対です。
大人も一緒に声を出します。
「全然、小さいです。3倍くらいの声の大きさでうたってください。」
そんな無茶な・・・。心の声が聞こえてきそう。

メロディーをたどりながら、弦を探って行くと
いつの間にか、「さくらさくら」が。
歌をうたいながらお稽古すると、おことも自然と上達するんですね。

「この教室では一切、楽譜は使いませんから、
しっかりと目と耳と身体で覚えましょう。」
優しいけれど凛とした先生の姿に、みんな圧倒されてしまったみたい。

あっという間に60分が過ぎ、最後に一人ひとり自己紹介。
最初とは段違いの声の大きさになっていました。
これからの成長ぶりが楽しみでなりません。(G)