TOP ニュース 調査研究インターン募集

ニュース

2015年5月15日(金) ニュース一覧へ戻る

【調査研究】2014年度の調査研究報告書を公開

○「第9回 芸能実演家・スタッフの活動と生活実態調査」

芸団協では、1974年から5年ごとに、実演家の実態調査に取り組んできました。長年にわたり広範囲の実演家を対象として続
けられてきた調査は世界でも例がなく、実演家やスタッフへの理解を進め、芸能文化振興の政策検討の土台となる統計資料と
して重要な役割を果たしています。
このほど報告書がまとまり、以下よりpdfをダウンロードいただけます。

はじめに(調査概観) (829K)
第1部 芸能実演家編 (5.3M)
第2部 スタッフ編 (3.6M)
巻末資料 (2.2M)
(平成26年度文化庁・次代の文化を創造する新進芸術家育成事業)

*なお、アニメーション制作者の実態調査も、一般社団法人日本アニメーター・演出協会と協力して調査を行い報告書
にまとめました。「アニメーション制作者実態調査 報告書2015」は下記サイトで公開されています。
http://www.janica.jp/

「芸術団体の経営基盤強化に関する調査研究事業~実演芸術各分野の基礎と組織2015」

芸団協正会員団体を始めとする協会組織の状況を把握するため、設問票による集計(対象:84団体)とヒアリング調査のほか、
中部地区、関西地区で会議を開催し事例研究を行ったり、分野別座談会の開催を行いました。
以下より報告書のpdfファイルがダウンロードできます。

全文 (4.8M)
はじめに~設問回答の集計から (3.6M)
IV 実演芸術各分野の状況と課題 (607K)
V 分野間共通の課題 (466K)
VI 事例報告 (879K)
VII 資料 (466K)
(平成26年度文化庁 戦略的芸術文化創造推進事業)

その他、芸能と教育、実演家の権利、実演芸術家等の社会保障、舞台技術者の研修、舞台芸術の国際交流といったテーマで調査研究を
行っております。過去の報告書等は出版物一覧からリストがご確認いただけます。

https://www.geidankyo.or.jp/issue/index.html