2019.03.14

ユースプログラム「伝統芸能☆ミカタ計画」

伝統の力が、きみの味方になる

 

ユースプログラム「伝統芸能☆ミカタ計画」は、
勉強や部活で忙しい中学生・高校生のための特別なプログラム。

一流の実演家による3~4か月・10回の集中したお稽古を重ね、
本格的な舞台での発表を目指します。

伝統芸能には、自分でやってみて初めて分かることがたくさんあります。
しかも、1回限りの体験ではなく、時間を重ねるからこそ分かること。
時間を重ねた先に「伝統ってすごい」と思える体験が待っているはず。
「かっこいい」って思えるはず。

その「すごい」「かっこいい」を自分のものにしてほしい。
伝統の力を、自分の力にしてほしい。
それは、きっと、これから世界と向き合うみなさんの味方になるはずです。

だから、「伝統芸能☆ミカタ計画」。


2019年度 ユースプログラム「伝統芸能☆ミカタ計画」 概要

中学生・高校生のための、短期集中型プログラムです。

◇内容:  約3~4か月・10回のお稽古とリハーサル・発表会
◇コース:  長唄(三味線)、三曲(箏曲)、日本舞踊
◇対象:  中学1年生~高校3年生(1クラス15人程度)
◇開講式:  2019年7月28日(日) 国立能楽堂(渋谷区)
◇稽古期間:  2019年9月下旬~12月中旬 *開始日はコースにより異なる。
◇稽古場: 三味線 杵家会館(渋谷区)、箏曲 新宿文化センター(新宿区)、
日本舞踊 芸能花伝舎(新宿区)
◇発表会:  日本舞踊 2019年12月21日(土) 国立劇場 小劇場
三曲・長唄 2019年12月22日(日) 国立劇場 小劇場
◇参加費:  15,000円(税込、リハーサル・発表会費用含む)
*ほかに教材費や、楽器・舞台衣裳等の購入やレンタル料の実費負担あり。
(コースにより10,000円~20,000円)
◇体験の流れ
[申し込み]  6月9日(日)締め切り → 受付確認の返信が届く(WEBは自動返信)
[結果通知]  6月24日(月)頃に全員へ結果通知(応募多数の場合は抽選)
[参加手続き] 7月2日(火)までに書類を返信し参加費を振り込む
→ 参加確定書が届く (期日を過ぎた場合、内定無効となります。
落選者の中で追加抽選を行います)
[開 講 式]  7月28日(日)午前、「お稽古始め」の開講式からスタート(国立能楽堂)
[お 稽 古]  プロの実演家を講師に、9月下旬~12月中旬までお稽古
[発 表 会]  日本舞踊 2019年12月21日(土) 国立劇場 小劇場
長唄・三曲 2019年12月22日(日) 国立劇場 小劇場

◇稽古日等詳細: 「伝統芸能☆ミカタ計画」チラシ(PDF 1.07MB)をご覧ください。


参加者募集について
◇募集期間:2019年4月1日(月)~6月9日(日)
◇申し込む前に:必ず参加者募集チラシで詳細をご確認の上、お申し込みください。
◇申込方法:
WEB    →「申し込みフォーム」は4月1日(月)午前10時~受付開始です。

②メール → チラシの「申し込みフォーム」および「注意事項」等をご確認の上、「申し込みフォーム」のすべての項目をメール本文にご記入ください。
>>>メール申込先:wageiko☆geidankyo.or.jp
                           (☆を@に変えてください)

③FAX    → チラシの「申し込みフォーム」および「注意事項」等をご確認の上、「申し込みフォーム」のすべての項目をご記入ください。
>>>FAX申込先:03-5909-3061


<主催> 東京都/アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
<企画制作・運営> 公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
<制作協力> 公益社団法人能楽協会/公益社団法人日本舞踊協会/
公益社団法人日本三曲協会/一般社団法人長唄協会
<共催> 公益財団法人新宿未来創造財団(新宿文化センター)/
東村山市教育委員会/町田市/一般財団法人町田市文化・国際交流財団
<協賛> 独立行政法人日本芸術文化振興会
<後援> 新宿区
<協力> 公益財団法人梅若会/公益社団法人宝生会/
公益財団法人日本伝統文化振興財団