2019.06.03

コース紹介「日本舞踊」~先生から動画メッセージをいただきました! 

今年度、お稽古への参加をお考えのみなさんに向けて、各コースをご紹介していくシリーズ。
最後は、「日本舞踊」コースです。

日本舞踊は、古くから受け継がれてきた舞(まい)や踊りなどが融合し、
より美しく様式化して見せることから生まれました。
描くのは、着物が普段着だった頃の人々の暮らしや “こころ” 。

そのために、お稽古は浴衣に着替えて行われます。
発表会を迎えるころには、全員の子供たちが、
自分で帯を締められるようになります。

日本舞踊のいちばんの楽しさは、物語の役になりきって、振りを踊ること。
発表会では長唄の生演奏にのせて、
踊りと音楽の楽しさを全身で感じながら踊りきります。

日々のお稽古のなかで大切にしているのは、ていねいさ、そして美しさ。
踊りだけでなく、お稽古の始めと終わりにするご挨拶も、
ていねいで美しくあるよう教わります。

日本舞踊のお稽古は、身体とこころを、
美しく着替えることに通じるかもしれません。
撮影:武藤奈緒美

☆日本舞踊コース講師の藤間翔央先生と花柳 寿々彦先生から動画メッセージをいただきました!
受講のご参考に、ぜひご覧ください。