2019.03.08

狂言の発表会

キッズ伝統芸能体験の数あるコースの中でも、
狂言コースは本物の装束をつけて舞台に立つという点で
他の発表会と大きく異なります。

リハーサルと発表会本番の当日は、朝から先生方が総出で
次から次へと子供たちに装束を着付けます。
着付けには慣れた先生方でも、
当日の慌ただしさは話のほかです。

長袴が引っかかって転んでしまわないだろうか…
セリフはちゃんと言えるだろうか…
本番を待つ子供たちと同じくらい、
先生方も緊張して舞台袖から見守っています。

時にはお稽古で先生方に叱られてしまうこともあったかもしれません。
でも、それは悔いなく本番を迎えてほしいという親心。

先生方のその気持ちにこたえて、
みんな練習の成果を存分に披露することができました。
本番後の表情も、晴れ晴れとしていますね。(布)

【狂言の発表会アルバム】
リハーサルと本番の様子より
撮影:菅原康太