2019.09.20

芸能花伝舎でのお稽古はじめ+親子体験 <日本舞踊>

8月25日にお稽古はじめを迎えた日本舞踊コース。
初日は1時間かけて、ゆかたの着付けを教わりました。

3回目は親子体験日。
子供たちと一緒にゆかたに着替えたお母さんもいました。

男子のクラスは “附け” の音に合わせて立ち回りを体験。
ゆかたで動くって、どんな感じ? みんな、すごく楽しそう!
 
続いて、『三番叟(さんばそう)』の振りに挑戦です。
キメの場面で “腰を入れたポーズ” が登場。
これがなんともキツい!

「家に帰ったら、毎日このポーズで “ただいま!” と言うように。
おうちの方もこのポーズで “おかえりなさい!” と言ってくださいね(笑)。」
えーっ。ツラいーっ。毎日やるのー!? お稽古場は大盛り上がりでした。

ある女子のクラスでは、立つ、座るなどの所作や“おすべり”といった基本から。
そして、『手習子(てならいこ)』の振りを教わります。
江戸時代の寺子屋(学校)へ通う女の子の道草のおはなし。
日傘を差したり、蝶を追いかけたりと、かわいらしい仕草を表現します。
「お父さん方が上手、とってもかわいらしく見えます(笑)。
みんな、負けないで!」と先生。

この日に教わった振りは約5分間の曲のうち、ほんの15秒程。
先は長く、また、お稽古は時に厳しいもの。でも、先生方がついています。
みんなで乗り越えて、一緒に発表会の舞台に立ちましょう。(わ)
写真協力:公益社団法人 日本舞踊協会